新着情報

NEWS

2024.05.09

  • ブログ

2023年度のZEHの取り組み(実績報告)

ZEHビルダーとは・・・?

 

2014年4月の閣議決定「エネルギー基本計画」において、「住宅については、2020年までに標準的な新築住宅で、2030年までに新築住宅の平均で住宅の年間の一次エネルギー消費量が正味でゼロとなる住宅(ZEH)の実現をめざす」とする政策目標が制定されました。

経済産業省は、この目標達成に向け、2016年4月、「住宅・ビルの革新的省エネルギー技術導入促進事業費補助金ZEH(ネット・ゼロ・エネルギーハウス)支援事業」におけるZEHビルダー登録制度の概要案を公表しました。

この制度は、受注する住宅のうちZEH(Neary ZEH、ZEH orientedを含む)が占める割合を2020年度までに50%以上とする事業目標を掲げるハウスメーカー、工務店、建築設計事務所等を補助事業執行団体にて公募を行い「ZEHビルダー」として登録するものです。

水谷工務店では、「平成28年ZEHビルダー登録申請」を行い、以下の通り2020年度に向けたZEH普及率目標を策定いたしましたので公表いたします。
また2021年度からは新たなフェーズⅡとなり、より高いZEH普及率を推進してまいります。

 

ZEH普及目標

 

平成28年度(2016年度)目標・・・・・25%  実績・・・0%

平成29年度(2017年度)目標・・・・・35%  実績・・・34%

平成30年度(2018年度)目標・・・・・45%  実績・・・50%

令和元年度(2019年度)目標・・・・・55%  実績・・・0%

令和2年度(2020年度)目標・・・・・65%  実績・・・0%

令和3年度(2021年度)目標・・・・・60%  実績・・・0%

令和5年度(2023年度)目標・・・・・50%  実績・・・0%

 

ZEHの周知・普及に向けた具体策

 

弊社では日々の営業活動の中で会社案内等の宣伝媒体を使用し、ZEH普及活動を社員一同取り組んでおります。
また、ホームページ・構造内覧会・完成内覧会等において、光熱費削減のシミュレーションの提案をしてZEHのメリットをお伝えいたしております。
また、一般住宅設備とZEH対象商品を設置した場合の光熱費の比較を通して、お客様にZEHへの認知の向上を図る努力をいたしております。

住宅完成後の定期点検等では、ZEHビルダーで建てた施主様の情報を収集し、より一層の周知、普及に努めていきます。

 

ZEHのコストダウンに向けた具体策

 

施工計画や原価の見直しを行い、建物の形をシンプルにすることで、コスト削減を図っていきます。

また、より高機能な太陽光発電システム、高性能断熱外壁や高機能エアコンなどZEH対象設備を提案していきます。

 

その他の取り組み

 

お客様に対して、機能性かつ省エネルギーであるZEHを提案していき、

CO2削減の一端を担う企業として、よりグローバルな視点で社会貢献して参ります。

 

ZEH普及実績の総括

 

2023年度は残念ながらZEH住宅は受託できませんでした。

ですが、2025年目標達成に向けZEHのメリットやコスト削減を

より多くのお客様に提案し、ZEH住宅の普及に努めたいと思います。

 

2025年度のZEH目標値について

 

2025年度では50%以上の目標達成を掲げてまいります

2025年度目標値

新築戸建 50%以上

既存改修 50%以上

※弊社が受注する住宅(新規・既存改修)のうちZEHが占める割合=ZEH普及率

 

 

リフォーム工事、新築工事、不動産管理 賃貸、売買などなんでもお任せください

地元 越谷の水谷工務店です

お問い合わせCONTACT

越谷エリアの公共施設・事業施設や家づくりの建築に関するご相談など
お気軽にお問い合わせください。

受付時間 平日9:00~18:00

0120-594-341